浅田斉吾選手のメガネはなぜ大きいのか?

日本のダーツ界でトッププレイヤーといえば浅田斉吾選手(@Twitter)の名前が必ず上がると思います。

浅田選手は、いつからかメガネをかけてプレイするようになりました。そのメガネが特徴的で非常に大きいのです。

「斉吾さんはオシャレだな〜」と思っていたのですが、

「もしかしたらメガネが大きいのには理由があるのではないか?」

 

メガネが大きい理由

先日メガネを新調しました。

そこでふと気づいたのですが「メガネで投げやすさが変わる?」

 

以前のメガネと新しいメガネでは視界が大きく違ったのです。

2つのメガネを見てください。丸メガネが以前のもの、もう片方が新しく購入したメガネです。

 

メガネ ダーツレンズ部分のサイズが1.5倍くらい違います

 

レンズ部分の大きさがかなり違います。もちろんどちらも普段使いに問題ありませんし、ダーツを投げることにも支障はありません。しかし厳密に言うと、視界が大きく異なります。

普段メガネを使用している人はわかると思いますが、フレームは視界に入ります。当然ですが小さなメガネは視界を狭くし、大きなメガネは裸眼に近い視界を得ることができる。フレームの外(レンズ外)はぼやけます。

擬似的に2つのメガネの視界を画像で再現してみました。

 

こちらが以前のメガネ(丸メガネ)視界はかなりせまくなります。
フレームが目に入ってくるし、
フレーム外を見ようとしなくても見えてしまう状態。

 

こちらが新しいメガネ丸メガネに較べ視界は広くなります。
フレーム外は見ようとしなければほとんど見えません。

 

視界が全然違うことがよく分かると思います。クルマで考えるともう少しわかりやすいかもしれません。フロントガラスの左右にあるAピラー。まっすぐ走っているときは気になりませんが、右(左)カーブのときAピラーが邪魔して歩行者が見えづらくなることありますよね。メガネのフレームとはそんな存在です。

小さなフレームは、大きなフレームより視界を妨げます。推測ですが浅田斉吾選手のメガネくらい大きければ、フレームはほとんど視界に入ってこないと思います。

 

neko
視界が多少狭くてもボードはしっかり見えてるし関係なくない?

 

それが関係あるのです。

 

ダーツを投げるときの視界について

ダーツボードは平面ですが、スローラインからボードまでは奥行きがあります。この奥行き、距離を感じ取るのに視界が非常に重要。

また疑似的に画像を作ってみたのでご覧ください。

 

 

同じ画像に先程のメガネのフレームをのせ、フレーム外は裸眼での見え方にしています。

周りにあるもので距離を感じることができます。もちろん普段はそんなこと気にしていません。つまり自然にできている。視界が狭くなると、距離が感じづらくなり、自然にできていることができなくなる。

昔よく言われた投げ方の練習に「6のダブルを見て、11のダブルを見て、ブルに投げる」周りを見ることでブルの位置を再確認、距離感を養います。

 

noko
でもダーツの距離って一緒でしょ?

 

そうです。ルールに定められている通りの距離です。しかし、

  • いつものお店と大会会場、1mmも狂わず同じでしょうか?
  • 同じ位置に立つことはできますか?体調で変わってきませんか?
  • 入れたくなったら前のめりになりませんか?

距離が全く同じで投げ続けられることはほとんどないでしょう。しかし距離を体が感じてくれれば自然とターゲットに向かい投げることが出来るはずです。

 

というわけで、

裸眼に近い視界を得られる大きめのメガネは距離感を得やすく、結果ダーツが投げやすくなる。

入るかどうかは別問題。少しでも投げやすいほうがリザルトは安定はするはずです。

 

あとがき

「浅田斉吾選手のメガネはオシャレで選んだだけでなく、スローを妨げないための選択」・・・かな?という素人ダーツプレイヤーの戯言でした。

フライトがメガネに当たる。そんなデメリットもあるので結局は裸眼が一番なのですが、メガネが必須であれば視界が広いメガネがオススメです。

ダーツに向いている眼鏡
質問・感想等はこちらから!