n01 対戦 募集中

【矛と盾】最高の技術と最強のメンタル

ダーツは技術(フォーム)なのか?メンタルなのか?

以前は「メンタルでしょ」と気軽に答えたが、しかし本当にそうだろうか?

技術を手に入れるには練習。

メンタルを強化するには場数。

どちらが重要なのか。

読みたいタイトルを選ぶ

最高の技術とは?

最高の技術があれば一寸とも違わぬフォームができる。

つまりマシーン。

同じ動作を繰り返す。同じ結果が出る。

チーズ蒸しパンを作るマシーンが同じ動作をしていたにも関わらず、アンパンが出来上がることがあるだろうか?

いやない。

かりに疲れが襲ってきたとしても、疲れを計算にいれたフォームを繰り出す。

まさに最高の技術だ。

最強のメンタルとは?

メンタルは完璧だ。いつでも、どんな場面でも平常心。

いつもと同じ動作が出来る。

疲れすらもメンタルと言う名の根性で克服する。

嘘発見器にすら見破られることのない嘘を108連続でつくことが出来る。

最強のメンタルだ。

彼なら100人の命を救うために99人の犠牲を払うことに躊躇しないであろう。

技術 vs メンタル

最高の技術がある。

いつもと違う環境。四面楚歌。飛び交う怒号にヤジ。

メンタルがやられるといつもの投げ方が出来ない。

しかし技術は完璧なのだ。

一寸たりとも違わぬフォームが出来ている。一寸も違わぬのだ。メンタルの入り込む余地はない。

そう、もはやメンタルは関係ない。

最強のメンタルがある。

いつもと違う環境。四面楚歌。飛び交う怒号にヤジ。

メンタルは動じない。

しかし入らない。

メンタルだけではブルの鐘を鳴らすことは出来ない。

108連続でブルの鐘を外そうとも彼のメンタルは動じない。

まさに最強のメンタル。

矛と盾 結論

結果、大事なのは技術。

技術を得るには練習。勝ちたければ練習あるのみだ。

極論。

すべてを理解していればメンタルは関係なくなる。無意識の部分にメンタルは潜み込む。

メンタルがやられ力んでしまった。

そうではない。力を理解していない。

理解せず何となくで行う動作にメンタルは影響する。寸分違わぬフォームが出来上がっていないのだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カードネーム:からあげ棒
ダーツ歴:2005年〜
ダーツショップスタッフ歴:7年半(テンチョ)
所持バレル80種類100セット以上
DL RT:7

もとバレルマニア。好きが高じてダーツショップに就職。ショートバレルが好みです。ダーツの腕前は嗜む程度。

読みたいタイトルを選ぶ
閉じる