n01 対戦 募集中

【バレル】ASTRA T-arrow アストラ ティーアロー

ASTRA T-arrow アストラ ティーアローのレビュー

ポイント!

  • 薄めのシャークカットで楽に飛ぶ
  • 丸みを帯びたアウトラインで持ちやすい
  • 谷内太郎選手モデル
読みたいタイトルを選ぶ

ASTRA T-arrow アストラ ティーアロー レビュー

ASTRA T-ARROW SOFT 16.5g バレル

アストラ ティーアローは谷内太郎選手が2006年頃に使用していたバレル。バレルの名前は太郎さんの名前から来ていますね。

tripleight ZERO から進化したバレル。丸く持ちやすい形状、バレル後部のシャークカットが特徴的。ダーツの神様ジョン・ロウのモデルを大きくしてカットを強めたようなモデルです。

ある程度使い込んでカットが馴染んでからが本領発揮。じゃじゃ馬を乗りこなすような感覚を得られます。前方から中央部にかけて刻まれるリングカットもグリップの安心感に一役買っていますね。

バレル単体重量16.5g、セット重量18gというのは昔のバレルの定番的な数値ですね。俗説的には昔のダーツマシンは耐久性の問題で20gまでしか許容していなかったとか。ホントの話しかどうかはわかりません。よくそのように言われていました。

発売当時は高級モデル。コストパフォーマンスを高めたリニューアルモデルは万人に進められるバレルとしてスタッフ時代に重宝しました。「37mmは万人に進めるには短いのでは?」って、あの手の大きな谷内太郎選手が使っていたので大丈夫。実際に試し投げをしてもらうと気にいる人が多かったです。しかし残念ながら元祖はもちろん、リニューアルモデルもすでに廃盤。

ASTRA T-arrow アストラ ティーアロー スペック

アストラ ティーアローのスペックは以下の通り。

アストラダーツ ティーアロー
材質タングステン90%
単体重量16.5g
全長37.0mm
最大径7.4mm
タイプ2BA
参考価格16,000円(初期モデル)
ブランドアストラ(公式サイト)

現在のアストラはダイナスティのひとつのブランドとして存在しています。トリプレイトも同様で、往年のダーツファンとしては消えかけたブランドが存続してくれて非常に嬉しいですね。

T-arrow ティーアロー の実測値

セット時の重量18.82g。セット内容により変化するので参考値です。撮影時はアルミシャフトを装着していたので若干重め。

派生モデルが豊富にあるT-arrow

ティーアローは派生モデルがたくさんあります。

廃盤になったものも多くあり、ちょっと追いきれないぐらい。谷内太郎選手モデルらしくスティールモデルも見受けられますね。

\T-arrow 4/

ASTRA T-arrow アストラ ティーアロー あとがき

一時期ソフトのメインバレルをティーアロー。ハードのメインバレルをティーアローsteelにしていました。

ソフトとハードを行ったり来たりしている身としては、同じ形状というのは戸惑いがなくて良いですね。重さは違いますけどね。そういった点でもティーアローは優秀なバレルだと思います。

ダイナスティで復活したアストラにはジョニーモデルもラインナップされているので、この時代のバレルが好きな人はチェックしてみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カードネーム:からあげ棒
ダーツ歴:2005年〜
ダーツショップスタッフ歴:7年半(テンチョ)
所持バレル80種類100セット以上
DL RT:7

もとバレルマニア。好きが高じてダーツショップに就職。ショートバレルが好みです。ダーツの腕前は嗜む程度。

読みたいタイトルを選ぶ
閉じる