n01 対戦 募集中

【ダーツボード】PUMA BANDIT プーマ バンディット

家での練習はハードボードが最適。購入から14年、ダーツボード PUMA BANDIT(プーマ バンディット)のレビュー

ポイント!

  • 高い耐久性
  • 弾かれにくい埋込式スパイダー
  • 夜投げも可能な静音性
読みたいタイトルを選ぶ

PUMA BANDIT プーマ バンディットレビュー

puma bandit ハードボード プーマ バンディット
写真:私物

プーマのバンディットは耐久性に優れたハードダーツボードです。

エリアを区切るスパイダーは埋込式のブレードでバウンスアウト(ダーツが弾かれること)を減らします。またブレードは白く塗装され、点数を表記するワイヤーの作りも良く、細部にこだわったハードボードになっています。

ハードボードなのでダーツの刺さった音はとても静か。夜中でも練習が可能。最新の家庭用デジタルダーツマシンにくらべ価格が安いのも魅力ですね。

また最近ではネットを利用したオンライン対戦も可能なので練習だけでなく純粋にゲームを楽しむことも出来ます。

\オンライン対戦可能/

プーマ バンディット 詳細
サイズ13.2インチ
種類ハードボード
スパイダー埋込式
備考ワールドカップ オフィシャルボードに採用された本格ダーツボード
ブランドPUMA(SHOT!)公式サイト/海外

プーマ バンディットの耐久性

耐久性は使用環境により大きく変わってくるので参考までに僕が実際に使用した状況を載せておきます。

2016年に購入。購入後3年間は月に何度か投げる程度。その後10年はほとんど使用せずオブジェと化していました。そして2019年8月より毎日1時間程度の投げ、約1年間2019年11月まで使ったところでダーツの刺さりが極端に悪くなり買い換えることになりました。

期間が空きすぎてわかりづらいですね。長持ちするってことだけは確かです。

長期保管状態が長く、最終的には投げて劣化したというより経年劣化による表面の硬化が原因で刺さりが悪くなったと感じています。連続的な使用であればもう少し長く使えたかもしれません。

これだけ遊べて(練習できて)1万円ちょっとであればコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

以下は14年目のバンディットの画像です。

付属品について

私が購入したときは取り付け用の簡易的なブラケット(ネジと金属板)が付属していました。付属品は現在では変更になっている可能性もあるのでチェックしてください。

ちなみに取付は付属品を使用せず、別売りのダーツボードブラケット(1,000円くらい)を利用。

2020年現在のプーマ バンディット

プーマはブランド名をSHOT!(ショット)に変更し日本での販売を精力的に行っていました。プーマのバンディットはショットのバンディットとして販売。

ところが2021年時点では以前ほどの活動がなくバンディットは入手困難なようですね。(バンディットプラスは見つけることが出来ました)

とても良いダーツボードなだけに非常に残念です。

PUMA BANDIT プーマ バンディット あとがき

ついに限界がきたバンディット。感覚としては4本投げたら1本弾かれるような状況でした。

さすがに厳しく、対戦でも圧倒的不利。床も傷だらけになってしまいます。

というわけで2020年11月に新しいハードボードwinmau BLADE 5(ウィンマウ ブレード ファイブ)を購入しました。バンディット同様にとても良いダーツボードです。ボードが新しくなったらしっかり刺さるようになりポロリが無くなりました。

家庭用デジタルダーツボードも魅力的でしたが、家での練習はやっぱり静かなハードボードが最適です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カードネーム:からあげ棒
ダーツ歴:2005年〜
ダーツショップスタッフ歴:7年半(テンチョ)
所持バレル80種類100セット以上
DL RT:7

もとバレルマニア。好きが高じてダーツショップに就職。ショートバレルが好みです。ダーツの腕前は嗜む程度。

読みたいタイトルを選ぶ
閉じる